このドキュメントを評価 する 
この記事によって問題が解決されましたか?
ご意見がありましたら以下にご記入ください。

マカフィー・アンチセフト(バージョン2.0)をセットアップした後、Windows 8 のパソコンのキーボード操作ができなくなる場合の対処方法について


Environment

Windows 8

Summary

このQ&Aではパソコンにマカフィー・アンチセフト(バージョン2.0)をインストール・セットアップした後に、Windowsを起動するとキーボード操作ができなくなる事象に対する対処方法ついて解説しています。

Solution

【現象】

マカフィー・アンチセフト(バージョン2.0)をセットアップした Windows 8 のパソコン(※機種名は以下を参照)がシャットダウンされた状態から、電源を入れてWindowsを起動すると、キーボード(ソフトキーボード含む)の入力ができなくなる事象が発生します。これの事象により、Windowsのユーザーアカウントにパスワードを設定している場合、Windowsにログインできません。

本現象はマカフィー・アンチセフト(バージョン2.0) がインストール可能なWindows 8 端末搭載パソコン(主にUltrabook)で発生する可能性があります。


【原因】

本事象によりお客様に多大なご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び致します。
本事象はに対し弊社のドライバにより正しい動作をさせていなかったことが原因でした。本件は最新のアンチセフトのバージョンにて修正されております。


【回避策】

以下の手順を実施して修正された最新のマカフィー・アンチセフトを再インストールしてください。
本件はキーボードモジュールの再読み込みのため、マカフィー・アンチセフトを一度アンインストールして、再インストールをして頂く必要がございます。


Step1: マカフィー・アンチセフトをアンインストールします

以下のを参考にマカフィー・アンチセフトをアンインストールします。
 TS101703: マカフィー・アンチセフトをPCからアンインストールする方法



Step2: マカフィー・アンチセフトを再インストールします

以下のを参考にマカフィー・アンチセフトをアンインストールします。
 TS101702: マカフィー・アンチセフトをPCにセットアップする方法



Step3: 電源オプションを元の設定に戻します。

前回の回避策で変更した電源オプションを元の設定に戻します。

  1. コントロールパネルを開きます。[電源オプション]をクリックします。



     
  2. 電源オプションの左メニューにある[電源ボタンの動作の選択]をクリックします。



     
  3. [現在利用可能ではない設定を変更します]をクリックします。



     
  4. [高速スタートアップを有効にする(推奨)]のチェックをオンにします。



     
  5. [変更の保存]をクリックします。