このドキュメントを評価 する 
この記事によって問題が解決されましたか?
ご意見がありましたら以下にご記入ください。

[モバイル] McAfee Mobile Security インストール後に国際SMSの送信が行われます


Environment

Android

Summary

このQ&Aでは、McAfee Mobile Security インストール後に国際SMSの送信が行われる動作について解説しています。

Solution

【解説】

McAfee Mobile Securityは、製品インストール時に挿入されていたSIMカードが交換された場合、デバイス起動時にSMS (Short Message Service) を使用して弊社サーバーに対して交換後のSIMカードの情報を送信する機能があります。
このため、SIMカードの交換を行った際は端末起動時にSMSの送信が行われます。

  • SMSの送信は端末盗難等に別のSIMカードが使用されて、端末が不正に使用される事を防ぐために行われます。
  • SMSは国外にあるゲートウェイサーバーに対して送信が行われるため、国際SMSとして扱われます。
  • 国際SMSの宛先番号は "6592324290" または、”19253539035”が使用されます。
  • 国際SMSの送信はSIMカード交換の端末再起動時に1回だけ行われます。


【補足】

SIMカード交換後のデバイス起動時以外にも次のタイミングに国際SMSが送信されるケースがありました。

  1. 一部のISPパートナー様より提供されている製品に含まれる「McAfee Mobile Security」のインストールを行い、初回登録後にデバイスを再起動した時
    (例:Biglobe社「セキュリティセット・プレミアム」など)
     
  2. SMSネットワークの遅延等の理由により、上記①またはSIM交換後に送信されるSMSがマカフィーのサーバーに正常に到達しなかった場合にデバイスを再起動した時

上記 1 および 2 のタイミングでSMSの送信が行われないように修正が行われました。本修正は自動的に適用されるため、お客様側で作業を行っていただく必要は特にありません。