このドキュメントを評価 する 
この記事によって問題が解決されましたか?
ご意見がありましたら以下にご記入ください。

検体(サンプル)をMcAfee Labsに送付する方法について


Environment

Windows XP
Windows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 8.1

Summary

このQ&Aでは、検体(サンプル)をMcAfee Labsに送付する方法について解説しています。

Solution

次のような場合は検体(サンプル)となるファイルをMcAfee Labsに送付してください。

  • マルウェアの可能性があるファイルを見つけた場合
  • 誤認検知が発生して、検出されているファイルを解析する必要がある場合 


【McAfee Labsへの送付手順】

検体(サンプル)となるファイルをパスワード付きZip形式で圧縮し、メールで添付して送付してください。
 添付ファイルのファイル名は、必ず半角英数で作成ください。
  1. メールに記入いただく内容、および添付ファイルのパスワード

    ■ メールの宛先: Virus_Research@avertlabs.com 
    ■ メールのタイトル: 任意
    ■ メール本文(記入例): 症状 (勝手にメールが送信される。)
                     ファイルの発見場所 (C:\Windows\TEMP)
                    エンジンバージョン (1688.0)
                    コンピュータの構成 (Windows 7 SP1)
    ■ zipファイルのパスワード: infected

     
  2. 検体(サンプル)をメールで送付した後に、「Virus_Research@avertlabs.com」より自動応答メールがお客様のメールアドレスに返信されます。
    サポートセンターから「Analysis ID」(アナリシスアイディ)の申告が求められている場合は、メール本文内の「Analysis ID」の数字をメモして、サポートセンターへご連絡いただく際に使用ください。
    ※「Analysis ID」は7ケタの数字になります。


【参考情報】

■ ファイルをパスワード付Zipで圧縮する方法

ファイルをパスワード付Zipで圧縮する操作はOS毎に事なりますので、参考ページをご紹介いたします。

Windows Vista、7、8、8.1の場合
ファイルをパスワード付Zipで圧縮する場合、「WinZip」などのサードパーティ製のツールをご利用いただく必要があります。


Windows XPの場合
Windowsの標準ツールを使用してパスワード付のZipファイルを作成することができます。


■ McAfee Labsからの自動応答メールの回答例

 前述のように検体(サンプル)をMcAfee Labsに送付した場合は自動応答メールが返信されます。自動応答メールの詳細については以下のページを参照ください。

 TS101713 「McAfee Labs (旧:AVERT Labs)からのメールについて」