このドキュメントを評価 する 
この記事によって問題が解決されましたか?
ご意見がありましたら以下にご記入ください。

ファイルまたはフォルダを圧縮・解凍する方法


Environment

Windows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 8.1

Summary

このQ&Aでは、ファイルまたはフォルダをZIP形式で圧縮する方法、及びZIP形式で圧縮されたファイルを元の状態に戻す(解凍)方法を解説しています。

Solution

【ファイルまたはフォルダを圧縮/解凍するとは?】

データを様々な演算処理を施して、元のデータ容量を小さくする処理を [ 圧縮 ] と呼びます。また、この圧縮されたデータを元のデータに戻す処理を [ 解凍 ] と呼びます。




【圧縮することのメリット】

容量(サイズ)の大きいデータを圧縮することで以下のメリットがあります。

  1. メモリの空き領域を確保することが出来ます。
  2. データをメールなどで転送する時間が短縮されます。



 【ファイル・フォルダの圧縮方法】

ファイルもしくは1つまたは複数のファイルが保存されたフォルダをZIP形式で圧縮する方法を紹介します。

  1. 圧縮したいファイルまたはフォルダを右クリックし、[ 送る ] - [ 圧縮(Zip形式)フォルダー ] を選択します。



  2. 自動的にZIP形式に圧縮され、***.zip として保存されます。このZIPファイルをメール添付して送信する際にご利用ください。

    [ *** = 元のフォルダ/ファイル名 ]





 【圧縮データ(ZIPファイル)の解凍方法】


圧縮されたデータ(ZIPファイル)の解凍方法を紹介します。

  1. 圧縮されたデータ(ZIPファイル)を右クリックし、[ すべて展開 ] をクリックします。



  2. 「圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開」ウィンドウが開きます。
    [ ファイルを下のフォルダに展開する ]の欄に表示されている、展開するファイルの保存先を確認し [ 展開 ] をクリックします。



  3. 解凍処理が行われます。処理が完了すると、一つ前のステップで確認したファイルの展開先にファイルが保存されます。
    展開されたデータをご利用ください。