このドキュメントを評価 する 
この記事によって問題が解決されましたか?
ご意見がありましたら以下にご記入ください。

McAfee Family Protectionのルールの作成と適用方法


Environment

Windows XP
Windows Vista
Windows 7
Windows 8

Summary

ここでは、McAfee Family Protectionをインストールした後、フィルタリングルールの作成方法とその適用方法について解説しています。

Solution

【作業の流れ】

注意
初めてMcAfee Family Protectionをご利用される場合は一度ご覧ください。
McAfee Family Protectionをインストールした後、管理者ユーザーとお子様に対してのフィルタリングルールを作成し、そのルールを利用させる必要があります。以下の図は設定の大まかな流れです。

Step1 McAfee Family Protectionをインストールする

Step2 ルールを作成する

管理者画面でルールを設定します。設定する機会は、インストール直後の初期セットアップ時とセットアップ終了後の二通りあります。
該当する状態を選択し、その手順に合わせて設定を行ってください。 

【Step1 McAfee Family Protectionをインストールする】

McAfee Family Protectionをインストールする方法は以下のQ&Aをご覧ください。

TS100687 「マカフィー ファミリープロテクションのインストール方法」

 


【Step2 ルールを作成する】

■初めてFamily Protectionをインストールされた場合

初めてFamily Protectionをインストールした後、自動的に初期設定ウィザードが開始します。


  1. インストールが完了すると、McAfee Family Protection イージーセットアップウィザードが起動します。
    最初にFamily Protectionを管理するユーザー(=管理者ユーザー)の年齢と性別を選択し、[ 続行] をクリックします。
    管理者ユーザーが成人で、特に制限を設ける必要が無い場合は [大人(18才以上)] を選択することをお勧めします。

     

     
  2. 各種項目のカスタマイズを行います。設定が完了したら [ 次へ] をクリックします。

     

     
  3. 管理者ユーザーの設定が完了しました。
    続けて管理したいユーザーを作成するには [ ユーザーの追加] をクリックします。初期設定を終了するには [完了] をクリックします。

     
     


 


■すでに初期設定を行った後で、ルールを変更したい場合

すでに初期設定を完了している場合はこちらの手順をご覧ください。
  1. システムトレイの  アイコンを右クリックし、[ 管理者を開く] をクリックします。 
     
     
  2. 登録した管理者の電子メールアドレスとパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。

     

    管理者ユーザー名と管理者パスワードはMcAfee Family Protectionの購入時に登録した「マイアカウント」にログインする電子メールアドレスとパスワードです。

    トラブルQ&A

    ユーザー名(登録メールアドレス)を忘れた場合は以下のQ&Aをご覧ください。
    CS41916 「登録メールアドレスの確認・変更方法」

    管理者パスワードを忘れた場合は以下のQ&Aをご覧ください。
    TS101658 「McAfee Family Protectionの管理者ログインパスワードを忘れた場合の対処方法」

     
  3. 管理者画面が起動します。

     

     
  4. 以下のうち、行いたい操作を選択して設定にお進みください。


 


■新規ユーザーを追加してルールを設定する場合

新たにユーザーを作成してルールを設定することができます。ユーザーは複数作成することができ、それぞれに異なるルールを設定することができます。
  1. [家族の概要] から [新規ユーザーの追加] をクリックします。

     

     
  2. [ユーザー名]と[パスワード]を入力します。
    お子様の年齢と性別を入力して、[ユーザーの追加] をクリックします。
    ※ユーザー名は5文字以上、19文字以内の半角英数字で設定する必要があります。また、「.」や「@」などの一部の特殊記号は使用できません。
      入力したユーザー名が使用可能かを確認するには[使用可能かどうかの確認]ボタンをクリックします。

     

     
  3. 設定をカスタマイズします。手順2.で選んだ年齢設定により、この内容は変わります。設定が完了したら [次へ] をクリックします。

     

     
  4. 新しいユーザーが追加されました。[完了] ボタンをクリックします。

     





 
■作成済のユーザーのルールを変更する

作成済のユーザーを指定して、ルールを変更することもできます。
  1. [設定対象] のプルダウンメニューからルールを作成したいユーザーが選択されていることを確認し、[Webサイト] の閲覧設定を行ってください。

    カテゴリ別ブロック : 特定カテゴリを含むWebサイトの表示許可・ブロックを選択できます。
    Webサイトフィルタ : 指定したURLに対して表示許可・ブロックを設定できます。

     

     
  2. [設定対象] のプルダウンメニューからルールを作成したいユーザーが選択されていることを確認し、[ビデオ] に関する設定を行ってください。

    ここではインターネットTV、YouTube動画再生、メディアプレーヤーの制限を設けることができます。

     
     
  3. [設定対象] のプルダウンメニューからルールを作成したいユーザーが選択されていることを確認し、[音楽] に関する設定を行ってください。

     
     
  4. その他の設定項目については、設定画面右上の [ヘルプ] を活用ください。 
     


 


【Step3 お子様にルールを使用させる】

ルールを作成したら、そのルールをお子様に使用させるよう設定する必要があります。
  1. お子様が使用するWindowsアカウントにログインします。
     
  2. タスクトレイのアイコンを右クリックし、[Family Protectionにログイン] をクリックします。

     

     
  3. お子様用に作成したユーザー名とパスワードを入力して、ログインします。[ユーザー名とパスワードを保存する] をオンにすると次回以降ログインを行う必要はありません。

     

     
  4. タスクトレイのアイコンが に変化すれば、ルールの適用は完了です。そのままインターネットご利用ください。
     
 


【参考情報】

Family ProtectionによってWebサイト等の表示がブロックされた場合は、次のような画面が表示されます。