このドキュメントを評価 する 
この記事によって問題が解決されましたか?
ご意見がありましたら以下にご記入ください。

マカフィー・個人向け製品の機能を無効・有効にする方法


Environment

Windows XP
Windows Vista
Windows 7
Windows 8
Windows 8.1

Summary

ここでは、マカフィー製品の一部機能を有効または無効にする方法を解説しています。製品インストール後に何らかの障害が発生した際に、原因となる機能を特定する手順としてご参照下さい。
 一部機能を無効とした場合、お客様のPCは保護されていない状態となり、ウイルス感染や外部からの侵入などに対するシステムの保護は行われません。

Solution

【手順】

セキュリティセンターの画面を開き、各設定を変更します。

  1. システムトレイの  アイコンを右クリックして [(製品名)を開く](例:マカフィー インターネットセキュリティ を開く) をクリックします。



     
  2. セキュリティセンターの画面が表示されます。



     
  3. 引き続き以下の手順をご参照の上、各機能を有効または無効にしてください。
     


以下の各リンクをクリックして、それぞれの機能を有効または無効にする手順をご確認ください。



ウイルス対策 (リアルタイムスキャン)

  1. セキュリティセンターから [ ウイルスおよびスパイウェア対策 ] をクリックします。



     
  2. [ リアルタイムスキャン ] をクリックします。



     
  3. リアルタイムスキャンを無効にするには [ 無効にする ] ボタンをクリックします。



     
  4. リアルタイムスキャンを再開する時間を設定し [ 無効にする ] をクリックします。



     
  5. リアルタイムスキャンを無効にすると保護ステータスが赤に変わります。有効に戻すには、[ 有効にする ] をクリックします。
    リアルタイムスキャンを停止するとウイルスの侵入を検出できなくなります。できる限り早く有効に戻すことをお勧めいたします。


     







■ファイアウォール保護

  1. セキュリティセンターから [機能] 一覧にある [ ウェブとメールの保護 ] をクリックします。



     
  2. [ ファイアウォール ] をクリックします。



     
  3. ファイアウォールを無効にするには [ 無効にする ] ボタンをクリックします。



     
  4. ファイアウォールを再開する時間を指定し、[ 無効にする ] をクリックします。



     
  5. ファイアウォールを無効にすると保護ステータスが赤に変わります。有効に戻すには [ 有効にする ] をクリックします。
     ファイアウォールを無効にするとインターネットからの不正なアクセスから保護されなくなります。できる限り早めに有効に戻すことをお勧めいたします。


     







■迷惑メール対策

  1. セキュリティセンターから [機能] 一覧にある [ ウェブとメールの保護 ] をクリックします。



     
  2. [ 迷惑メール対策 ] をクリックします。



     
  3. 迷惑メール対策 (アンチスパム) を無効にするには、[ 無効にする ] ボタンをクリックします。



     
  4. 迷惑メール対策 (アンチスパム) を無効にしても保護ステータスは赤になりません。有効に戻すには、[ 有効にする ] ボタンをクリックします。
    迷惑メール対策 (アンチスパム) を無効にすると、メールのフィルタリングが行われません。早めに有効に戻されることをお勧めいたします。